2014年08月17日

寝台特急「さくら・はやぶさ」の編成

※この記事は、「ねぎー工場長のブログ」の記事と同じです。
引っ越しも考えて、こちらのブログにも同じ記事を載せています。
現行の「ねぎー工場長のブログ」(ココログ)版の記事はこちらからどうぞ。

現在は、ココログの方を優先して更新していますので、こちらの記事は試験です。
*******************

以前、KATOの14系「さくら」JR仕様の、スハネフ14ASSYを買ってきましたが、
こちらを買ったのは、「さくら・はやぶさ」を再現するためでした〜

今回、まずは予習をしたいと思います。


「さくら・はやぶさ」は、1999年から併合運転を開始し、2005年の「さくら」の廃止まで運転されました。
ちなみに、この間は「富士」も共通編成でした。

併合が開始されてから、2002年のダイヤ改正までは、

sakura+hayabusa001.png
(クリックして拡大できます)


このような編成で運転されていました。堂々の15両!

また東京から終点まで14系と24系の併合運転は、これが初めてだったそうです。

「さくら」には、オハネ25-1000改造のオハネ15(ソロ)が連結されました。

そして、乗客の減少などもあり、オハネが減車され、

sakura+hayabusa002.png
(クリックして拡大できます)


12両となって運転を行います。

しかし、2005年のダイヤ改正で、「さくら」の廃止と、「富士」と「はやぶさ」の併合運転が開始されることと、「富士・はやぶさ」の全車14系客車化のため、「はやぶさ」に連結されていたオロネ25を14系に編入し、オロネ15とするための工事を行うため、「さくら・はやぶさ」の編成から一旦オロネ25が外され、11両編成となります。

sakura+hayabusa003.png
(クリックして拡大できます)

そして、改造が終わった後からダイヤ改正の間までの少しの期間は、「さくら」にシングルDXを連結し、再び12両で運転を行いました。

このときの「さくら」6両編成は、後の「富士・はやぶさ」の6+6両のものとなりました。

sakura+hayabusa004.png
(クリックして拡大できます)

そして、「さくら」は廃止・「はやぶさ」は「富士」と併結運転開始となりました。
いかがでしたか?

意外と調べるのに時間がかかりました・・・

次回からは、KATOの14系と24系、TOMIXのオハネ25-1000を使って、この編成を再現するために改造していきます。


*最後までご覧いただきありがとうございました。*

posted by ねぎー工場長 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルートレイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック